健康サポート薬局の効果と課題 - 2016年10月14日公開

健康サポート薬局の効果と課題
平成28年4月1日、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則の一部を改正する省令」が施行され、「健康サポート薬局」の制度が定められました。「健康サポート薬局」とは、改正に伴い厚生労働省から告示された一定の基準を満たした薬局のことです。平成28年10月1日以降、届出をすることにより「健康サポート薬局」である旨を表示することが可能になりました。そこで、「健康サポート薬局」とは具体的にどのような制度か、またどのような効果や課題があるのかを考えてみたいと思います。

■「健康サポート薬局」制度の経緯・背景
日本では、65歳以上の人口が占める割合は25.9%となり、高齢化が著しく進行しています。(※1)同時に、高齢者を対象とした医療費も年々増加を続けています。医療費(薬剤費)の削減に繋がるのが服薬情報の管理です。例えば、服薬情報をお薬手帳で管理し、その情報をもとに薬局が指導や薬の残り状況の確認等を行うことで、適切な薬を必要な分だけ購入することができます。(関連:第137回 医療費削減について~お薬手帳や薬局でできること~)しかし、これまでは、かかりつけ薬局やお薬手帳を活用していない患者もおり、服薬情報の把握とそれに基づく薬剤管理・保健指導などが充分に実施できていない状況でした。そのため、平成27年6月に設置された「健康情報拠点薬局(仮称) のあり方に関する検討会」において薬局・薬剤師が、地域住民による主体的な健康の維持・増進を支援すること(「健康サポート」)を行うことに関する基準等について議論が行われました。その結果を踏まえ、「健康サポート薬局」の制度が開始されました。

■「健康サポート薬局」が満たすべき基準
(1)かかりつけ薬局機能
・患者がかかりつけ薬剤師を選択できる業務運営体制
・お薬手帳の活用 (お薬手帳の意義・役割の説明、適切な利用方法の指導 等)
・服薬情報の一元的・継続的な把握とそれに基づく薬学的管理・指導
・ 24時間対応(開局時間外であっても患者からの相談等に対応)
・在宅対応(過去一年間に在宅患者に対する薬学的管理・指導の実績がある)
・疑義照会(必要に応じた、副作用の情報提供、処方の提案 等)

(2)積極的な健康サポート機能
・要指導医薬品の使用等に関する相談に適切に対応した上で、必要に応じ、
 医療機関への受診勧奨を行う
・健康の維持・増進に関する相談を幅広く受け付け、必要に応じ、関係機関を紹介する
・地域の関係団体と連携体制を構築、協力を行う(イベントの開催協力等)

(3)常駐する薬剤師の資質
常駐する薬剤師の資質にかかわる所定の研修を修了し、薬局で5年以上の実務経験がある薬剤師(研修修了薬剤師)が常駐している

(4)設備
パーテーション等で区切るなどして、個人情報に配慮した相談窓口を設置している

(5)開店時間
・平日の営業日には連続して開局し、土曜日又は日曜日のいずれかの曜日には4時間以上開局している
・平日は午前8時から午後7時までの時間帯に8時間以上開局していることが望ましい

■住民・経済への効果
薬剤師・薬局が患者と密な関係を構築し、適切な指導を実施することにより、「予防」の視点でも活動が可能なため、病気やけがを発症させない、重症化させないといった効果や薬局・薬剤師が患者を薬学的に管理することで、処方する薬剤の種類や量をコントロールし、無駄な薬剤や残薬を発生させないようにすることで、医療費削減の効果が見込まれます。また、健康サポート薬局は24時間対応、在宅対応が可能なため、患者側からいつでも気軽に専門家に相談できます。

■薬局・薬剤師への負担
「健康サポート薬局」を表示するためには、研修修了薬剤師の常駐、24時間対応、区切られた相談窓口を設置している等、厳しい基準が設定されています。勤務薬剤師の人数や設備改修にかかる費用を鑑みると、地域密着型の小規模薬局にはハードルが高いように思われます。更に、厳しい基準をクリアした薬局・薬剤師についても、これらを維持し続けるにはやはりある程度の負担がかかります。


健康サポート薬局の役割が十分に果たされれば、高齢化が進む日本に適したよい制度となるのではないでしょうか。ただし、厳しい基準をクリアするだけで質が伴わないようでは意味がありません。薬局に対して定期的なチェックを実施し、機能を維持する等、名前だけの「健康サポート薬局」とならないようにと願っています。


※1)平成27年9月24日、健康情報拠点薬局(仮称)のあり方に関する検討会によってとりまとめられた「健康サポート薬局のあり方について」の報告書より。平成26年9月15日現在の値。




担当
関口 美喜子

2013年10月 入社
システム導入などを通して、日々スキルと知識に磨きをかけている。
積極的に様々なことに挑戦し、伝説ともいわれる痕跡を残している。

最初 | | 一覧 | | 最後